2年ぶりのブログ復活。日常の記録を残します。


by runner33307

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日々の出来事
お仕事
キューブでおでかけ
京都
チャリンコ
沖縄
篠山マラソン05
北京・上海05
城之崎にて05
シンガポール05
ホノルルマラソン04
屋久島一人旅04

以前の記事

2011年 02月
2009年 12月
2006年 12月
more...

その他リンク

お気に入りブログ

マラソン 生涯100レー...
目指せ完走!ホノルルマラソン
福井頑張ろっさ
* every sing...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:北京・上海05( 6 )

2月26日 上海

いよいよ最終日。
私はじっとしていられない性格なので、朝7時にホテルを飛び出しました。
そんで地下鉄に乗り込み、目指した先は昨日の外難から見えたテレビ塔!世界で3番目に高いタワーとのこと。
まだ京都タワーも登ったことない(京都を去る時に登る予定)けど、せっかく上海に来たんだから登っておかなきゃ!

テレビ塔は8時に開場らしいので、時間までそこらへんをウロウロ。
8時ちょうどに券を購入して登りました。一番のり。
このテレビ塔には3っつの球がついています。登る球の高さによって、入場料が変わる仕組み。
もちろん奮発して、一番高い球まで登れる入場券を購入。
一番上は上海一望です。上海独り占めしてしまいました。
上海の街、一見高い高層ビルとかばかりに見えるけど、実は建設中の建物でいっぱい。まさに発展途上。
また、民家と高層ビルとの差が激しすぎて、なんとも言えない感じです。
中国は貧富の差が激しいと聞いていたけど、それは都市と地域との差だけではなく、都市の中にも存在するんですね。たぶん。

次はよえん に。観光客と地元の人が交じり合った不思議な地区。一歩裏の通りに行けば、地元の人が生活しています。まさに上海らしさみたいなのを感じました。ここで中国のお正月に飾る赤いちょうちんの金魚バージョンを買いました。
とても愛らしい。けど、どこに飾ろうか悩んでしまうくらい派手です・・・でも満足♪
その後は、南京路なんかを周って帰ってきました。

とうとう上海ともお別れ。一路空港を目指します。
空港に向うバスの隣を、ものすごい速さのものが通りすぎて行きました。
なんとリニアノーターカーだったのです!
ココ上海には、日本ではまだまだ夢の乗り物だとされているリニアモーターカーが走っていたのです!
すごく速かったですよ。
なんせあの乗り物は宙に浮いてるんですものね。
すごかった!
[PR]
by runner33307 | 2005-02-26 13:52 | 北京・上海05

2月25日 上海

蘇州から上海へ引き返してきました。まだ午後4時くらい。
そして、上海のオサレな新天地 という地区へ。
戦時中のイギリスの疎開地だったらしく、建物が西洋っぽくて、確かにオサレでした。
でも上海っぽさみたいなのは感じれませんでした。
ここで、マックに入り、5元のポテト食べました。
1元=14円くらいで換金したから、5元は70円くらい。


夜は中国雑技団 を見に行ってみます。
やっぱり有名なだけあって、彼らはただものではなかったです!
目をふさぎたくなるような技もチラホラ。
生で燃焼系のcmを見てしまいました。
あれだけの技をやろうと思ったら、ものすごい練習なんでしょうね
考えられません・・・

そのあと、このブログのスキンにもなっている外難(バンド) という地区で夜景を眺めて帰ってきました。
私の上海NO.1はこの夜景!
c0028086_12222775.jpg

[PR]
by runner33307 | 2005-02-25 12:23 | 北京・上海05

2月25日 蘇州

上海から車で一時間30分ほど内陸に向うと、昔の呉の国の中心だった蘇州という地域があります。
この日はココまで足を運びました。

呉の国の名産品はシルクです。
昔はシルクロードでヨーロッパ?にも運ばれていたそうです。
もちろん、この呉の国から日本にも着物に使う布は運ばれていました。
呉の国から布が来て、それで着物を作ったから、日本では着物のことを呉服というらしいです!へぇ~

蘇州では北京や上海のような中国の都会とはまた一味違った、田舎の中国を見れました。
観光地ではあまりみれない、人の生活とか。

観光地で周ったのは、まず虎丘。
ここの塔はピサの斜塔みたいに斜めになってます。
わざと斜めなわけではなく、塔の下に王様のお墓を作ったからこうなってしまったらしいです。
今、世界遺産に登録中。
孫悟空が寝た石だの、王様が剣で切った石だのおもしろい伝説が残ってます。

次は寒山寺。ここは修復されてしまってて、すごく新しいお寺に見えてしまいました。
仲の良い兄弟のお寺として有名らしいです。

最後に獅子林。ココは築山という、湖の中で侵食された岩が有名な庭。昔はお寺だったらしいです。
本当に獅子そっくりの岩がありました。
築山が本当に綺麗なお庭で、とても気に入りました。
その後、上海へ戻ります。
[PR]
by runner33307 | 2005-02-25 11:21 | 北京・上海05

2月24日 北京

朝、天安門広場へ。テレビで何度も見たことがある毛沢東の絵を見てしまいました。ココこそ北京!
朝といっても、早朝じゃないから太極拳をしている人はいなくて残念。北京のイメージっていったら、天安門広場で太極拳の私です・・・
そのまま道を渡って故宮へ。
故宮は世界遺産。中国の御所みたいな感じやと思います。世界で一番広い面積の宮殿らしいです。
部屋は9999.5部屋もあって、全部はとても周りきれないくらい広いです。
故宮の中にあった宝物は、昔、蒋介石が全部台湾に持っていってしまって、ここには無いそうですが、立派な建物はそのまま残っていました。

次は故宮をまっすぐ突っ切って、しばらく行ったところのフートンという地域へ。
そこで輪タクという、自転車版人力車に乗りました。
自転車をこいでくれる人は、地方から出稼ぎに来ている人だという。
その人に、中国の古い町並みを案内してもらういます。といっても、言葉は通じないから笑顔のみ。でも気持ちは通じるもんです。
ここで思ったのは、中国では、道端でカードゲームしたり、ボードゲームしたりする人たちがとても多いです。
すごく寒いのに、みんな楽しそう。

c0028086_1072037.jpg午後からはちょっと遠くの万里の長城へ。
万里の長城は全長6000万キロ以上もあるんですが、私たちはその一部の八達嶺長城というところに行きました。
この長城は、2000年という月日をかけて、中国がモンゴルからの侵略を防ぐために作ったものだそうです。
その雄大さ(?)に感動しました。
写真ができあがったんですけど、この長城での写真だけは別世界でした。
もちろんココも世界遺産。

夜、そのまま上海へ。
[PR]
by runner33307 | 2005-02-24 16:11 | 北京・上海05

2月23日 出発

14時発の飛行機で関空から北京へ出発。
中国時間の16時に北京に着きました。
北京の気温は0度。
雪が降ってました。
大陸の雪は水分を含まないから、サラサラで、日本の雪とはまた違った感じ。

夜ご飯には北京ダックを食べました。
期待してたほど、おいしくなかったのが残念・・・

とても寒い夜なのに、レストランの隣の家で、小さな男の子が花火をしていました。
その子だけではなく、町中でたくさんの人が夜中、打ち上げ花火をしていました。
花火好きな国なのかと思いきや、この日は、旧正月から15日目の特別な日で、町中が賑やかになる日だったようです。
[PR]
by runner33307 | 2005-02-23 14:43 | 北京・上海05

北京・上海へ

万里の長城が見たい私と、経済学部で今活気のある上海を見たい友達の意見が合致し、2月末に北京と上海に行くということで、スキンを上海にしてみました。
本当は、はじめはタイに行こうと言っていたのですが、スマトラ沖地震のために中止にしたのです。
今思えば、この時期に行くことが、観光産業を盛り上げられたのかも・・・とも思いますが、辛い思いをしている人たちがたくさんいるとことに、気軽には入っていけません。
ということで中国へ。
それまでは、バイトの日々&節約生活、決定です!
[PR]
by RUNNER33307 | 2005-02-09 11:48 | 北京・上海05