2年ぶりのブログ復活。日常の記録を残します。


by runner33307

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日々の出来事
お仕事
キューブでおでかけ
京都
チャリンコ
沖縄
篠山マラソン05
北京・上海05
城之崎にて05
シンガポール05
ホノルルマラソン04
屋久島一人旅04

以前の記事

2011年 02月
2009年 12月
2006年 12月
more...

その他リンク

お気に入りブログ

マラソン 生涯100レー...
目指せ完走!ホノルルマラソン
福井頑張ろっさ
* every sing...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ホノルルマラソン04( 11 )

ホノルルマラソン2005 本日!

インターネットってすごい。
こずくまさんのブログは、ホノルルで更新されてて、日本にいる私にリアルタイムで、ホノルルの様子、こずくまさんのカミさんの様子が伝わってくる。

めざせ完走!ホノルルマラソン

日本にいる私まで興奮してきたー
ハワイと日本の時差ってどれくらいだっけなぁ。
まぁ、なんしかスタートまでもうすぐ!
頑張れ、ランナー!
[PR]
by runner33307 | 2005-12-11 16:41 | ホノルルマラソン04

アミノサプリのCM

昨日、ある先輩から「運動に目覚めました」っていうメールが来ました。
どうも、ホノルルマラソンを目指す感じでした。
そんで、急に走りたくなって、今日こそ走ろうと思いました。(本当に!)
でも起きたら雨で、中止・・・
せっかくの日曜日、ダラダラしてます。
午後からは会社でもらったチケット使って、美術館に行く予定だけど。
雨上がったら、夕方こそは、一走りしよう!

それにしても、最近のアミノサプリのCMは掻き立てられます。
私もホノルルマラソン行きたいなー!!!
目指すはホノルルとかかっこよすぎる!
仕事休めないから絶対無理だけど・・・
12月は忙しいらしいです・・・
[PR]
by runner33307 | 2005-05-22 11:00 | ホノルルマラソン04

ホノルルマラソン再び!

今朝、2004年のホノルルマラソンの番組をしていた。
野口みずきさんとか、長谷川理恵さんとかのあの日の様子を映してた。
もちろん、私は映ってないけど・・・
でも、1ヶ月前の記憶がよみがえり、画面から目を離せなかった。
やっぱり、色んな思いで、色んな境遇の人が走ってる大会だ。
マラソンってええなぁ。
辛かったけど、もう一回マラソン走りたいなぁ、なんて思ってしまう。
よって、3月の篠山マラソンにエントリーしてみようかと思う。
寒いの嫌いな私ですが大丈夫だろうか・・・
[PR]
by runner33307 | 2005-01-11 00:25 | ホノルルマラソン04

最終日(5日目)

ホノルルマラソン終わってからは、目的も無く、淋しさがあるホノルルでしたが(FINISHARS T-SHIRTS着てる人を見るとウハウハしてたけど・・・)、とうとう、この日が最終日。
この日は友達と別行動。
動いてないと気がすまない私は、友達よりも先にホテルを飛び出して、ワイキキビーチで朝食のスパムを食べる。スパムむすび大好きです。

そして、ゴール地点だったカピオラニ公園のナイキショップに向かう。
そして、セールになってた記念T-SHARTSを買ってみる。
ホノルルマラソン当日の次の次の日はセールになるんだって。お安かったです。

そのままバスに乗り込みパールハーバーへ。
バス停でアメリカ本土から来たご夫婦と英会話をする。
今まで、英会話は友人に任せっきりだったけど、YESとNOしか言えなくても、コミュニケーションなんてできるもんだね。
「マラソン走ったよ」みたいなことを言ったら、すごい誉めてもらえちゃった♪
この日は自分で英語話そうと頑張ったから、別行動にしてよかった。

1時間20分くらいバスに揺られてパールハーバーに到着。
資料館で戦争の時の資料とか映画を見る。
なんか、うまく説明できないけど、良くも悪くも、日本のこういう資料館とは雰囲気が全然違った。うまく説明できないんだけど・・・
パールハーバーには、真珠湾攻撃からずっと船が沈んだままにされてた。

ホノルルに帰ってきて、ハワイ2回目の友達お勧めのホノルル美術館へ。
お庭が綺麗なところで、ずっと庭にいた。
特に、中国風の庭が綺麗だった。

こうしてホノルルの旅は幕を閉じる。
[PR]
by runner33307 | 2004-12-14 09:19 | ホノルルマラソン04

筋肉痛と闘いながらの山登り・・・(4日目)

おそろしい筋肉痛に襲われる・・・
そりゃそうだ、42.195キロなんて私の筋肉の限界をとっくに通り越してる。
クールダウンも兼ねてダイヤモンド・ヘッド登山!
そんなに高い山じゃないけど、この足引きずってたら痛くて前に進めない。特に下り!
でも、筋肉痛の人は私たちだけじゃなくて、けっこういっぱいいる。
一方で、昨日の今日なのに、ダイヤモンド・ヘッドを走って登っている人もいる。
信じられない・・・

ダイヤモンド・ヘッドの頂上の眺めは最高!ワイキキの街はあんまり好きじゃないけど、ハワイの自然は最高です。

お昼にBIGロコモコを食べて、ホノルル動物園へ。
動物が身近にいすぎて、ビビリまくったった・・・
孔雀が放し飼いの動物園なんて、初めてだったんだもの・・・

この日のワイキキの街はFINISHARS T-SHIRTSを着た人で溢れていた。
そんな人を見ると、妙に仲間意識が湧いていた。
[PR]
by runner33307 | 2004-12-13 09:00 | ホノルルマラソン04

いよいよ本番、ホノルルマラソン!(3日目、その3)

あいかわらずヒザが痛いなぁ、なんて思っているところで、給水所においてある氷にへばりついているおじさん発見!
あの氷でそんなことしていいなんて知らなかった。
思わずマネして、ヒザを冷やす。
「気持ちいいだろ?」って得意げなおじさんに感謝!

ヒザは痛いけど、順調に走れている。
ハイウェイを抜けるところの大きな声援をうけて、再びカハラに突入。
ストレッチ中の私に、おじさんが「エアーサロンパス貸して」と声をかけてきた。
なんか、全く知らない人なんだけど、一緒に走ってると仲間意識を感じる。
おじさんと励ましあって、再び走り出す。

うわさには聞いてたけど、本当にビールや飴を配っている人たちがいたり、ホースをシャワーみたいにしてくれてる人がいたり、カハラはおもしろかった。
カハラでは、スタート時に見ることのできなかった野口みずき選手にも応援してもらった。(自慢)握手までしてもらっちゃった。

最後の難関と言われてたダイヤモンド・ヘッドの登りも楽々クリア。
すると、頂上で、「5時間切れるぞ!」って応援している人がいる。耳を疑った。
このまま行けば4時間台?
下りでスピードを上げて一気にゴールだ!とスピードを上げた途端・・・
急に足が動かなくなった。なんじゃこりゃー!
ずっと一定のペースで走ってたのに、下りでスピードを上げたのが失敗だったんだろう。
仕方ないから、ストレッチをして、足をひきずるように走りだす。
ここが一番辛かった。

最後の直線を力を振り絞って走りぬけ、4時間39分44秒、22407人中5560番目にゴール!
予想外な好タイムに驚きでした。

10K: 01:08:21
Half Marathon: 02:22:29
30K: 03:18:46
Gun Time: 04:57:32
Finish Time: 04:39:44
Place Overall: 5563
Place Women: 1633
Place Women 20-24: 145

でもタイム以上に良かったのは、国籍も世代も境遇もバラバラの人たちと一緒に同じゴールを目指したということ。
こんな経験なかなかできないよ。
c0028086_229423.jpg

そして、この大会を支えてくれたみなさんの存在も忘れてはならない。
給水所やゴールで助けて下さったボランティアのみなさん、沿道で応援をして下さったみなさん、本当にありがとうございました。

ホノルルマラソンHP
[PR]
by runner33307 | 2004-12-12 07:42 | ホノルルマラソン04

いよいよ本番、ホノルルマラソン!(3日目、その2)

マラソン大会に出るのなんて初めてだから、他の大会のことはわからないけど、ホノルルマラソンは応援がすごい!
まだ6時だというのに、沿道ではたくさんの人が応援してくれている。
そんなだから、もしかして自分はヒーローなんじゃないかと勘違いしはじめる。

人が多くてなかなか前に進めない。
特にダイヤモンド・ヘッドの登りは急に道幅が狭くなるから、ノロノロペースである。
でも、ココで速くも折り返してきた車椅子のランナーとすれ違った。
腕で走るマラソンもかっこいい。

カハラの住宅街に入るところで、朝日と遭遇。
真っ赤で大きい太陽に励まされる。

ここで、5時間30分というゼッケンをつけたペースランナーに遭遇する。
この人について行ったらもしかして5時間30分でゴールできちゃう!?
しかも、私のほうがちょっとだけペースが速い模様。
ちょっとだけ、タイムに対する欲が出てきてしまった。

ハイウェイに入って、ようやくストレッチし始めるランナーをみかけるようになる。
これで、だいぶストレッチしやすくなった。
ここまで、ストレッチのために何度も止まったけど、給水所で混雑してて歩くことはあったけど、決して走っている途中に歩きはじめることはなかった。
このまま歩くことなく走りたいなんて欲まででてきてしまう。
まだ半分にも到達していない私の横を折り返してきたランナーが駆け抜けていく。
速いなぁ。

ハーフをすぎたあたりで、前を走っていた友人に追いつく。
彼女も順調に走っているみたいだった。

折り返しのハワイ・カイで、エネルギー切れを防ぐためにウィダーインゼリーを食べようとする。
しかし、食べている間は口から息ができない。
それがあんなにしんどいとは思わなかった。
身体が酸素を必要にしているらしい。
だから最後まで食べきれなかった。

折り返しのハワイ・カイを抜け、もう一度ハイウェイに突入!

ホノルルマラソンHP
[PR]
by runner33307 | 2004-12-12 07:20 | ホノルルマラソン04

いよいよ本番、ホノルルマラソン!(3日目、その1)

スタートは5時ということで、深夜3時に起床。
朝ごはんのおにぎりを食べようにも、昨日の夕食がまだ胃にあって食べたくない。
ということで、バナナを1本持ってスタート地点のアラモアナ公園まで歩く。
ICチップの装着方法がちょっと難しかったけど、それも何とか着けれた。

4時にはスタート地点についてしまった。
だから、100メートルくらい並んでいるトイレに並ぶことにする。
トイレでこんなに並ぶのは初めて。
40分たってもまだ順番が来ない。焦る。
50分たってギリギリで私の番が来る。
慌てて友達の所に戻ったら、心配されてしまってました・・・

ゴールまで6時間はかかるとふんでいる私はウエストポーチをつけて走る。
中身は、エアーサロンパス、ウィダーインゼリー、ティッシュ、日焼け止め、5ドル札などなどと、お守り。
それを、しっかり腰に装着して、いよいよスタート!
今年のスターターは野口みずきさんだったらしいけど、5~6時間のタイムの所に並んでいる私たちからは全く見えない。
スタートしたといっても、2万人もいるんだから、いっこうに前に進まず、花火を見ながらタラタラ歩く。
これがホノルルマラソンかぁ、と感動するものです。
20分してやっと、スタートゲートをくぐった。
それから、やっとタラタラ走り始める。
とにかく、目指すは6時間台!

友達とはイルミネーション鮮やかなカメハメハ大王像前で別れる。
42.195キロの自分との戦いが始まった。

練習でひざが痛いもんだから、早くも5キロ地点でストレッチをして、エアーサロンパスを使ってしまった。
周りにそんなことしてる人なんていないから、ちょっと恥ずかしい。
先が思いやられる・・・

ホノルルマラソンHP
[PR]
by runner33307 | 2004-12-12 03:03 | ホノルルマラソン04

早朝ランニング(2日目)

ハワイの気候は最高でした。
寒いの嫌いな私にとっては天国。
この日は、明日に備えて、朝6時から30分ほどのランニングをしたけど、すごく走りやすかった。
ゴール地点であるカピオラニ公園の方までぐるっと一周。
私たちの他にも、多くのランナーが走っていました。

朝食の後は、ビショップ・ミュージアムというところにバスで出かけます。
ワイキキから40分くらいのところにある、ハワイの文化を知ることのできる博物館です。
カメハメハ大王の勉強やフラダンス鑑賞をしました。
日本語の案内もあるから、英語苦手な私でも、勉強した感があります。
ちょうどクリスマスの子ども向けのイベントをやっていて、これがよかった!
サンタさんがいたり、屋台やアスレチックが用意されていたり。
地元の子どもたちが、はしゃいでました。
リース作りも体験して帰ってきました。

夕食は明日に備えてバイキング。
炭水化物をもりもり食べました。
明日は頑張るぞー!
[PR]
by runner33307 | 2004-12-11 06:00 | ホノルルマラソン04

時差(1日目)

海外は韓国しか行ったことないから、ハワイに行って初めて時差ぼけを体験する。
日本で真夜中の時間なのに、ハワイでは早朝。
ほとんど寝てない状態で一日がスタートしてしまった。
本当は今すぐいでも寝たいけど、明後日に控えたマラソンのことを考えたら、寝てはいけない。
だからこの日は運動も兼ねて歩きまくる。

まず、コンベンション・センターってとこでマラソンのゼッケンをもらう。
あと、ICチップももらう。
このチップで正確なタイムを出すらしい。

そのあと、エグスンシングスっていうめちゃめちゃ量の多いパンケーキやさんに行ったり、ショッピング・センターみたいなところに行って、とにかく夜を待つ。
最後にダイエーに夜ご飯を買いに行ったあたりで、友人も私も眠さに負けそうでフラフラ。
どうにかホテルに辿り着き、夜はぐっすり寝ました。
[PR]
by runner33307 | 2004-12-10 21:50 | ホノルルマラソン04